検索
  • yomei

767 次期エース石井浩裁判官@東京高等裁判所

更新日:5月16日

ふーん、そうですか。


嶋﨑量弁護士原告の横浜地裁6連続棄却事件の控訴審は、訴追請求されちゃった鹿子木康裁判官の部署には係属しなかったのですか。


でも未練がましく嶋﨑陣営は、自称死神の西川治弁護士と最近動画で前面に露出してきた山岡遥平弁護士が、「鹿子木満額判決書」を控訴理由書にバンバン添付して「満額出せ!」と裁判所に要求しているとか。


だって今年の1月25日に佐々木亮弁護士原告の一審棄却事件の鹿子木判決、満額でしたものねー。


そうか、そうか、鹿子木康裁判官は日本国の一機関である裁判所の所属でいながら、民間団体の弁護士会にも所属しているがごとく強烈なシンパシーを持っていると。


そして初の佐々木亮弁護士&北周士弁護士&嶋﨑量弁護士の棄却事案も鹿子木裁判長ではありませんでしたー、と。


躍り出たのが東京高等裁判所第14民事部の石井浩裁判長ね。これまでも判で押したように満額判決連発よ。一審の審理内容いかんにかかわらず、係属しただけで一発満額が判定できちゃう、どんな検査より正確よ。はい、満額。はい次、はい、満額。


てことで、最近の棄却7件は鹿子木康裁判官の満額はなし。

代わりに、民事第14部の石井浩裁判長。満額出しますよー。

係属しただけで結果が分かる、裁判いらずの裁判長!


何やらこの流れを読んでか、佐々木北陣営からは書証として石井浩裁判長の満額判決書が出されているらしいですよー。何で知ってるの?


何この国民無視の司法癒着。司法界は特別な選ばれしもの。

司法腐敗極まっちゃってるし。政治の無策極まっちゃってますね。


ちょっと誰もかれも日本国民をないがしろにしすぎ。まだあるけど、今は書きません。

閲覧数:0回0件のコメント