余命三年時事日記

検索

文中にある「余命チーム」とは、

ブログ運営主+代表交代後の日本再生大和会理事2名

スタッフもブログ運営主+後継理事2名を差す


日本再生へのブログ

先ず最初に、前記事への沢山の決意表明有難うございます。また、日本再生大和会設立にあたり、日本を愛する皆様より、望外の支援を賜りました事に厚く御礼申し上げます。本当に有難うございます。


さて本題に入ります。

最初に、本ブログの趣旨、名称を再度改め『日本再生へのブログ』とします。

瑞穂尚武会は今まで通り、『日本再生ブログ』の一角を担いますが、日本再生大和会や、その生みの親とも言える余命チーム、すみれの会、その他の会派もも本ブログを構成する事となります。


今回の文責は日本再生大和会の代表が務めます。


さて、現在の状況について皆様に報告いたします。

水面下の動きであるが故に、日本を愛する皆様に状況が伝わらず、大変ご迷惑、ご心配をお掛けして申し訳ありませんでした。

先週には連携をする会の幹部の方より、そして一昨日も昨晩も支援者より近況を報告早急にと催促されました。

私の能力の不足ゆえの広報活動まで手が回りませんでした。


日本再生大和会は、事務所を開所し、スタッフ、什器、OA機器を配し、各種通信手段を確保すると共に、余命本4にある、告発の委任状を受け付ける所まで準備できました。


それにしても、告発状作成一つでも、弁護士先生が作成した物であっても、検察が受理し易い形式、添付資料があるそうで、書き換えるのに大いに苦労しました。でも、どちらもプロです、尊重してこそ事が上手く運ぶと言う事です。そして、こうしたノウハウの蓄積が売国奴の告発を効果的に進める武器となります。


次に、瑞穂尚武会ですが、事務所らしき物を整備しつつ、6月5日川崎デモ事件関係で動いているそうです。

特に、あの騒動において、刑事犯罪事案がいくつか有り、告訴(被害届)を提出して、警察が捜査をしています。

その他、もっと大局的な案件でも動いておりますが、詳細を発表出来る段階では有りませんが、情報の拡散が反日勢力に痛撃を与える大きな武器となるとだけ、申しあげておきます。


更に、一昨日、代表が以前より人権擁護局に以前より訴えていた、代表に対する神奈川新聞等からの人権侵害事案について説明を受けに行った所、案の定の対応だったそうで、記事最後に動画URLを添付しておきます。はっきり言って人権擁護局は日本人の人権を侵害する組織だと思います。


すみれの会については、余命チーム経由で活動の報告等があると思いますので、同じく当ブログに記載する事となるでしょうし、他会派の記事についても、話がつき次第、同様となります。


さて、最後にブログのコメント欄の扱いと、余命殿と当方の共通の依頼事項について申し上げます。

先ず、今日をもちまして、コメント欄を承認制といたします。告発、告訴等にご協力頂ける方はどのレベルのご協力を頂けるかと、連絡先をコメント欄にご記入頂きたくお願いします。月曜日(9月5日)以降、当会のメールアドレスを返信しますので、詳しい打ち合わせをしたいと思います。既に“6・5川崎デモの成否と桜井誠氏の東京都知事選出馬”に記入済みの方は、大変申し訳ありませんが、再度連絡先をご記入頂けるよう、お願い申し上げます。

そして、ご協力のレベルとは、ご自身が告発主になる、とか、検察に事情を報告の為に足を運んで頂ける連絡窓口になって頂けるとか、追加の委任状を届けるとか、そういった事です。

例えば、余命ブログの1150に有るように連絡窓口の件や、1149にある朝鮮学校補助金の告発案件でも、地元の地検に告発するのが効果的なですが、現状、とてもでは有りませんが、手が回りません。


ですので、私が代表の立場に専念出来るようになるまで、あるいは、これが理想なのですが、日本を愛する皆様が自ら余命殿の言うところの、“手をつないでひた押し”の一角となり告発人になるまで、ご協力をお願いします。


日本再生大和会 代表拝

628回の閲覧

 私は、今回の懲戒請求に参加した者です。勇気を出して過去のお話をします。


 今から数十年前、当時身内が中学三年生でした。ある日、友人と二人で歩いていました。すると、前方に制服を着た朝鮮学校の生徒三人が見え、思わず、友人が「あ、朝鮮学校だ。」と言ってしまいました。元々、近くに朝鮮学校があり、その生徒も住んでいる地域です。日頃、大人からは「気をつけろ。いきなり襲ってくるぞ。」と教えられ、常に注意して生活をしていたため、その場から逃げようと発した言葉でした。しかし、その言葉が相手に聞こえたようで、突然逃げる間もなく、激しい暴行を受けました。はじめは三人だった朝鮮学校の生徒たちは、気がつけば10人程に増えており、「このままでは殺される…。」と私の身内と友人は、全身血まみれで命からがら近くの親戚の家に逃げ込みました。「警察に届けたい。」そう考えましたが、周りの大人も同級生たちも、「警察に相談したところで、何もしてくれない。逆に復讐されるよ。」と言われ、泣き寝入りするしかありませんでした。


 私がこの話を初めて聞かされた時、「運が悪かった。」そう思っていましたが、後にこれと似たような事件が日本のあちらこちらで起きていた事を知り、愕然としました。「朝鮮学校の人たちは、恐ろしい人たちだ…。」私の一族にとって、強い共通認識になっていきました。


 それから数年たち、報道で北朝鮮による日本人拉致事件を知りました。日本人拉致事件に朝鮮学校の関係者もかかわっている事も知りました。「やはり、朝鮮学校の人たちは恐ろしい人たちだ。」さらに北朝鮮の核開発も活発になり、日本の上空を通過する程のミサイルも保有する状態になってしまいました。「もういい加減にしてほしい。日本政府は何をやっているんだ。北朝鮮の暴走はどんどん加速し、しかも拉致された日本人も数名しか帰ってこられない。こんな状況は、絶対に間違っている。」「一日でも早く拉致された日本人を全員取り戻さないと。」その考えは、どんどん大きくなっていきました。そんな中、自分で色々調べはじめ、あるきっかけでこのブログにたどり着き、そしてこの懲戒請求によって日本人拉致被害者を取り戻すことに良い影響を与えられないかと思ったのです。


 そして後に、この運動に共感した全国の仲間がいる事を知り、皆で必ず取り戻すと、私は強く決心したのでした。ところが、弁護士会も特定の弁護士たちも、全く私の思いに対して、間違った解釈をしており、今度は逆に私たちを提訴してきました。それでも裁判所は、公平、公正に判断をしてくれると私は期待しました。ですが、いくら反論しても残念な事に、私たちの主張は認められず、違法だ、差別だ、とされてしまいました。


 私たちは「何に違犯しているのだろう?」「差別だと言うが、私の身内も含めて全国で起こされた暴力事件は何だったのだろう?」「日本の裁判所でありながら、事実から目を背け、日本人拉致事件の解決に妨げになるような判断をしている。」


 はっきり申し上げます。


 「今回の一連の懲戒請求裁判の判断は間違っている。」


 あなた方は何のために裁判官になったんだ?誰かの評価、金、圧力、そんなものに左右されていいのか?日本人の命がかかっているのですよ。最高裁の長官は天皇陛下に任命していただいていますが、その重みを考えるべきですよ。天皇陛下が、国民の幸せを願われて、日々祈って下さっています。そして、拉致された日本人が戻ってこられない事に心を痛めておられますよ。私たちはその事に対して、何ができるか考えて行動しなければならないと私は思っています。


 司法の職を目指す若者が、どんどん減っています。司法の職に就いているあなた方を若者とその親が、どんな目で見ていると思いますか?


 私たちは、特定の弁護士たちにより、精神的に追い詰められ和解させられたり、グループ分けして提訴されても、バラバラにならない。そんな工作に、私たちは負けない。


 私たちが願うのは、「北朝鮮による、日本人拉致被害者の全員奪還」です。


1,175回の閲覧

ブラック弁護士


純粋に疑問に思うことがあり、原告弁護士の皆様に質問します。


懲戒請求書の雛型(事由)をすべて作成して、参加を募ったのはブログ運営主です。

書類を準備したのは取り纏め団体であり、懲戒請求を主導したのは当該団体です。

読者は署名捺印した書類を、取り纏め団体に送付しました。その後は知りません。


弁護士会に懲戒請求書として証拠を添付して送付したのは、取り纏め団体です。

取り纏め団体とブログ主は協力して、積極的に弁護士会へ懲戒請求書を送付しました。


読者は、賛同して署名捺印した書類を、取り纏め団体に送っただけです。

取り纏め団体が書類を弁護士会に送付して初めて、懲戒請求が成立したということです。


つまり、ブログ読者個人が署名捺印した書類を送っただけでは、ただの書類が取り纏め団体の事務所にずっと存在することになり、取り纏め団体のアクションこそが、懲戒請求書として弁護士会が受け付けられることに欠かせなかったということです。


ブログ読者が署名捺印した書類をポストに投函しただけでは、懲戒請求にはなりません。

意思をもって送付したブログ運営主と取り纏め団体が、集めた書類を懲戒請求に変換した。



佐々木亮弁護士と小倉秀夫弁護士は、ブログ主に法的措置をとるための情報を2018年、2019年の段階で入手しています。この時点で法的措置をとる必要があったのではないでしょうか。


なぜ、ブログ運営主と取り纏め団体の大きな責任を、すべて懲戒請求者が背負わなければならないのですか?


読者を懲戒請求者に仕立て上げたのは、ブログ運営主と取り纏め団体です。

本来であれば、すべての損害賠償請求はブログ運営主と取り纏め団体が受けるべきです。


なぜ、懲戒請求者だけを裁くのですか? 本来責を負うべき人間は他にいます。

この裁判は、懲戒請求者への過大・不正請求で強制執行まで行う、人権侵害事案です。

1,812回の閲覧