検索
  • yomei

0382 外患誘致援助罪告発事案②

日本学術会議と同じパターンである。

過去ログ「0355」を再掲した。


第二小法廷からの棄却判決が来ない。第三小法廷が7月7日だから、もう40日になる。いったいどうしたのだろう。

司法が正義の味方とか法の番人とかの神話は完全に崩壊した。実態は共産党を先頭に、日本を貶める政治集団となっている。

 記事中、赤のアンダーラインはすでに国際治安機関にテロリスト告発している者である。今般、他の者は追加される。

 リターンしても、聴聞事案であるし、共産党が非合法政党化されたら、民主党のように名前を変えればいいだけだ。こちらは口座凍結のような処罰はないから気楽だな。

 気をつけなければならないのは、日中戦争とか日韓断交、開戦というような有事の場合で、このような場合はもちろん保証の限りではない。今回は全司法労働組合第二弾である。












733回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

618 日本再生大和会(取り纏め団体)

文中にある「余命チーム」とは、 ブログ運営主+代表交代後の日本再生大和会理事2名 スタッフもブログ運営主+後継理事2名を差す 日本再生へのブログ 先ず最初に、前記事への沢山の決意表明有難うございます。また、日本再生大和会設立にあたり、日本を愛する皆様より、望外の支援を賜りました事に厚く御礼申し上げます。本当に有難うございます。 さて本題に入ります。 最初に、本ブログの趣旨、名称を再度改め『日本再生

617 拉致被害者奪還のため、勇気を出して

私は、今回の懲戒請求に参加した者です。勇気を出して過去のお話をします。 今から数十年前、当時身内が中学三年生でした。ある日、友人と二人で歩いていました。すると、前方に制服を着た朝鮮学校の生徒三人が見え、思わず、友人が「あ、朝鮮学校だ。」と言ってしまいました。元々、近くに朝鮮学校があり、その生徒も住んでいる地域です。日頃、大人からは「気をつけろ。いきなり襲ってくるぞ。」と教えられ、常に注意して生活を

616 なぜ懲戒請求者だけが裁かれるのか?

ブラック弁護士 純粋に疑問に思うことがあり、原告弁護士の皆様に質問します。 懲戒請求書の雛型(事由)をすべて作成して、参加を募ったのはブログ運営主です。 書類を準備したのは取り纏め団体であり、懲戒請求を主導したのは当該団体です。 読者は署名捺印した書類を、取り纏め団体に送付しました。その後は知りません。 弁護士会に懲戒請求書として証拠を添付して送付したのは、取り纏め団体です。 取り纏め団体とブログ